わらびはだの成分であるヨクイニンはイボに効果はあるのか?

わらびはだの成分であるヨクイニンはイボに効果はあるのか?

 

オールインワンジェルで時短ケアができ、さらにイボケアまでできると評判の「わらびはだ」

 

含まれている成分の「ヨクイニン(ハトムギ)」が民間療法としてイボに効果があると日本では昔から言われていますが、

 

果たして本当なのか?

 

わらびはだのヨクイニンはイボに効果があるのか?

 

調べてみました。

 

わらびはだの成分であるヨクイニンとは?

 

ヨクイニンはハトムギの皮を除いた種のことで、古来から「いぼとり」の生薬として使われてきました。

 

ヨクイニン(ハトムギ)の働きとしては

 

  • 皮膚のターンオーバーを促す働き
  • 体内の余分な水分を排出する働き
  • 炎症を抑える働き

 

主にこの3つの特徴があり、水分の流れが良くなると代謝が良くなり、熱や余分な水分が排出しやすくなり、

 

有害物質や老廃物、不要なホルモンなども一緒に排出され、角質層の保湿力をアップして皮膚なめらかに保つ効果があります。

 

また、人間が持っている免疫機能を後押ししてくれることもわかっており、

 

化膿を改善し、炎症をおさえる効果もあるといわれています。

 

新陳代謝アップを促進してくれるおかげと表皮の状態を整える作用が強いために

 

古来より、イボや肌荒れに効果があるもの!として重宝されてきました。

 

わらびはだにはこのヨクイニンがたっぷり含まれるハトムギエキスとして配合されています。

 

ヨクイニンはイボに効果はあるのか?

結論的には確たる証拠というものはありません。

 

なので、確実にイボに効果があるとは言えるものではありません。

 

ただ、ヨクイニンがイボに効果がある!という人もいれば、何も効果を感じることができないという人もいます。

 

こればかりは個人差がかなりあるものということになります。

 

現に私の娘が、水イボがどんどん増えていったので、皮膚科に行きましたが、

 

気にするほどでもなく、知らない間になくなる!と診断されました。

 

イボの治療としては、レーザー治療ぐらいしかなく、薬でどうこうするものではないといわれ、

 

娘のイボが減るどころか増えていることを医者に告げると

 

 

画像のヨクイニンの飲み薬を貰いました。

 

イボに効果があるものとして処方されました。

 

この薬を調べてみると、主成分はヨクイニンであり、ウイルス感染による疣贅(イボ)に作用します。

 

通常、青年性扁平疣贅、尋常性疣贅の治療に用いられるとのこと。

 

このようにイボに作用することがはっきり記載されていました。

 

ただ、皮膚科医曰く「飲んですぐにイボがなくなるわけではない!半年から1年は飲む続けるように」と言われました。

 

貰った薬は塗り薬ではなく、飲み薬ですが、ヨクイニンがイボに作用するということは

 

皮膚科で処方されるぐらい浸透しているのは本当でした。

 

このことから、ヨクイニンがイボを撃退するという確固たる証拠はないですが、

 

イボ=ヨクイニンということが一般的になっています。

 

なので、わらびはだに含まれるヨクイニンは、肌に直接塗り込むことでイボに作用する可能性があるもの!ということです。

 

効果があるかどうかは使ってみないとわかりませんが、

 

娘が貰った飲み薬でも毎日飲み続けて半年から1年かかることといわれているので、

 

わらびはだもイボに即効性を期待するものではなく、時間をかけてケアするという感じです。

 

イボにお悩みの方には使わないより、使った方が絶対にいいです。

 

しかもオールインワンジェルなので、スキンケアのついでにイボケアもできます。

 

病院でレーザー治療するよりも遙かに安くケアできるところもいいので、

 

古来より伝わるヨクイニンをイボに直接塗り込んでみてくださいね。

 

わらびはだの悪評や良い口コミは?

 

page top